気密測定。

モデルハウスにて、断熱工事が完了したので、気密測定検査を実施しました。

気密測定とは、C値(相当隙間面積)を測る検査。建物にどれだけ隙間が空いているかを調べることです。

(全ての窓を閉めて、この気密測定器を使って建物内部の隙間を計測します)

 

 

何の為に??

 

 

高性能な住宅で最も重要な要素の一つは断熱性能であり、建物の中の温度を寒さや暑さから守るために、防寒着やクーラーボックスの保温効果のような役割を果たします。

 

 

ただし、いくら性能が良い100%ウール材の防寒着でも穴が開いていたり、手首の部分がスカスカだったり、高級なクーラーボックスの蓋がきちんと閉まらなければその効果は激減することは容易に想像できると思います。豪華な内装やかっこいい外装をしている高級車だけど燃費がめちゃめちゃ悪く維持管理費がばかにならないような感じです。

(外気の影響を受けやすい小屋裏やユニットバスの下はしっかりと断熱、今回の断熱材は環境に優しいアイシネンhttps://www.icynene.co.jp/吹き付けを採用)

 

住宅も一緒です。

 

つまり、いくら良い断熱材を使っても気密が悪く隙間だらけでは、せっかく温めたり冷やしたりした空気がすぐに逃げてしまい、エアコンの効率がどんどん低下してしまうのです。

 

このようなことを防ぐためにきちんと気密測定器を用いて隙間がどこにあるかを未然に見つけ修正することが大切です。

 

自転車のパンクを見つける時に水中にチューブを入れて空気がどこから漏れているかを見つける作業と似てますね。

 

今回の気密測定で出たC値は

 

0.7㎝/㎡

 

1.0cm/ ㎡を切れば優秀と言われる中で中々良い数値がでてます。

ちなみに2013年の新省エネ改正法の基準で徳島が属するⅣ地域は5.0㎝/㎡以下とされていますが、

 

5.0㎝ではスカスカですね。

気密性の悪い家はせっかく温めたり、冷やしたりした空気が外気に熱を奪われてどんどん光熱費が高くなってしまします。

逆に言えば、気密性の高い家は少ない電気代で、快適な空調環境が保てるということになります。

 

高気密高断熱化にはある程度のイニシャルコストはかかりますが、長期スパンで見ると快適な住空間を得ることができ、ランニングコストが大幅に減ることを考えると、家選びは慎重にするべきです。

 

冬暖かく、夏涼しい家。そのために高気密高断熱化が絶対条件です。

ただし、高気密高断熱だけでは良い家はできません。

太陽の光、通風、計画換気、窓の性能。と色々な要素が重なって快適な住環境が実現します。

建物は仕上げてしまえば大差なく見えてしまい、こうした見えない大切な部分の優先順位は低くなりがちです。

住んでから、寒い、暑い、光熱費が高くならないような家を選択することが大事ですね。

 

 

 

 

ログヤード。

ログヤード。

丸太の貯木場のこと。

徳島津田にあるログヤードに行ってきました。

北米で商社の木材部にお世話になっていた頃、お客様を連れて車で高速道路を70〜75マイル(向こうの制限速度)、時速約120キロで3~5時間かけてログヤードに通いました。週に2、3回は通った光景によく似ていた。懐かしき日々がよみがえりました。

 

そのあと、取引先の木材会社の製作工場を見学。

工場内はきれいに整理されています。

ツーバイフォーのパネルを製作中でした。

弊社お客様のパネルもここで製作され各現場へと運ばれて行きます。

お引渡し。

お引渡し前の書類一部ご紹介。

新築のお引渡しには沢山の取り扱い等の書類をお渡ししておりますが、

最近はそれに加えて工程の重要箇所を撮影したものをアルバム作成し、

建築中はどうなっていたのか、完成してからでは見えない箇所がしっかりと施工されていることを記録して写真と検査記録をお引渡し時にお渡ししています。

 

テレワーク。

徳島商工会議所で開催されたテレワークのセミナーに参加させていただきました。

「テレワーク」

情報通信技術(ICT=Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のこと。

「tele=離れた所」と「work=働く」を合わせた造語   引用 (一社)日本テレワーク協会HP

講師の先生も電気設備会社であり、同じ建設業社のテレワークの導入で生産性と働き方改革を成し遂げた事例があり非常に参考になった。

また、自らもが難病と闘いながらも両親の介護、子育てをしながらテレワークで仕事をこなしてきた実績もまた説得力がある。

日本の人口統計学上、働く世代が激減し、超高齢化社会にシフトする中、テレワークは必要不可欠な取組になるでしょう。

建設業におけるITを活かした働き方改革。

避けては通れない。

 

 

窓の性能。

毎月送られてくる某サッシメーカーの業界情報誌によると、

 

住宅金融支援機構の【フラット35】住宅仕様実態調査報告(平成29年度)によると、住宅の断熱性に重要な役割を果たす、窓枠(サッシ枠)の仕様と、断熱材の仕様が大きく変わってきているそうです。

平成19年にはアルミ製が83.8%と8割以上を占めていた窓枠は

平成29年には38.3%と約半分になり、

台頭してきたのが、

断熱性能に優れた樹脂サッシや木やプラスティックと複合材料の窓枠で、

シェア55%と過半を超え大きく飛躍しています。

 

これは開口部の断熱性能を高めることが住宅のランニングコストを抑える大きな要因であることを市場が認識したためではないかと思います。

弊社は、輸入住宅を多く施工してきた経緯があり、古くから樹脂サッシを多く採用し、住宅のランニングコストを削減することにチャレンジしてきました。

というのも欧米では20~30年以上も前から開口部の断熱性能を高めることは常識であったため、樹脂サッシや木製サッシは標準仕様が普通でしたので、

当時はあまり普及していなかった樹脂サッシなどを

積極的に採用し標準化していたのです。

 

夏涼しく、冬温かい、今では当たり前のようになってきた仕様ですが、

開口部や断熱材の性能をとことん上げていくと、思わぬ副産物を生んでしまいます。

つまり、ただ単にいい窓、いい断熱材を使うだけではだめですということです。

昨今、ZEH(ゼロエネルギー住宅)の普及などによって、

UA値(外皮平均熱貫流率、住宅の断熱性能を表し、数値が小さいほど性能が高いことを表す数値)や

C値(建物の床面積1㎡あたりの隙間面積、少ないほど気密性が高いことを表します)

の性能が重要視され、各社競ってこの数値をあげることに注力していますが、

このUA値とC値の数値だけを突き詰めていくと、

冬はプラス効果が働きよいのですが、

夏は強い日差しによる日射熱で暑くなった空気が、その断熱、気密性能によって逃げ場をなくし冷房の効果が間取りによってはマイナスに働くことがあります。気密、断熱性が良すぎるために今までは隙間から逃げていいたあったまった空気が室内にこもり、いつまでも温度が下がらない現象が起きてしまうのです。

つまりは寝苦しい夏を迎えることになってしまします

こうした高気密高断熱の性能が飛躍的にアップした住宅の仕様に求められるのは、自然に差変わらない、

パッシブなデザインを取り入れることが求められます。

具体的にいうと、

夏は、風の抜け道を考える、日射を遮ること。

冬は、南面に大きく開口を設け、できるだけ多くの日射を取り入れること。

この二つで住宅の快適さは大きく変わってしまします。

こうすることで、夏の蒸し暑くなって逃げ場をなくした空気を逃がし、涼しい環境を保ち、冬は南から入る温かい日射を十分に取り入れぽかぽかした空間が実現します。

ただ、こうした設計概念は簡単なことですが、建設予定地によっては南側に大きな開口を取ることができないなどの制約ができることもあり、

その場所による相応しい設計力が求められます。

例えば二階にリビングを設けたり、道路からの視線を遮る外構を提案したり、その土地その土地の特性を配慮したプランが必要です。

当社では来春に向け新しいモデルハウスを開発中です。

高気密高断熱で耐震、耐風性に優れた、大空間が可能な2x4工法を取り入れた、地震に強く、光熱費を抑えるパッシブデザイン(長っ。。)を取り入れた快適な住空間をご提案させていただきます。

たくさんの方々に次世代の住宅をご提案できるように日々研鑽してまいります。

 

観戦。

週末は次男のサッカーの試合。

長男、長女を連れて応援に📣

2試合行われ、結果は残念ながら0勝2敗でしたが、皆んな一生懸命な姿に元気をもらいました。

次は勝てるようにしっかり練習しよう!

 

玉串奉奠。

今日は地鎮祭でした。

何度経験しても、やっぱり緊張します。

玉串奉奠(またぐしほうてん)

木の枝を神棚において二礼二拍一礼、つまり二回礼して二回拍手して一礼する儀式。

時々順番がわからなくなってしまうことがある。

施工責任者が

間違えるとめちゃくちゃ失礼にあたるので

失敗しないよう

いつも心の中で何回もシュミレートしてます。

今日も無事に成功しました。

社内検査

お引渡し前の社内検査を行います。

設計、工務、営業、私がそれぞれの視点で不具合がないかをチェックします。

私はいつも床下をチェックします。

配管の開口部の処理、床下のゴミの有無、断熱材の状況を確認します。

仕上がりばかりに目がいきがちですが、こうした見えないところに不具合は隠れています。

給湯器設置後に開口(鉄筋で開講補強済)はパテ処理をするとのことですが、うっかり忘れてしまわないように写真添付で報告をするように依頼しました。

店長。

各種業界新聞てありますよね。

工業系、マーケティング系、食品系、自動車系、

建設業者が良く購読している新聞で建通新聞という媒体があります。

一般の方はあまり目にすることはないと思いますが、業界では地方紙に次ぐ有名新聞です。

その新聞の業界で頑張っている人シリーズ企画として人物紹介をする「志国便り」というコーナーに弊社リフォーム部門の近藤店長が登場しましたのでご紹介します。

いつも笑顔を絶やさず。

益々の活躍を期待いたします。

ツーバイフォーのオフィス

弊社徳島事務所の事務所は数度の改装工事を重ねてきましたが、実は築40年以上経っており、耐震性の懸念もあり、そこで働くスタッフの安全確保、来場されるお客様が安心して打ち合わせができる環境を整える必要があり、耐震改修か建替えを検討しておりましたが、最終的には移転建替えになりました。現在近くのスーパー跡地に新オフィスを建築中です。

新オフィスは弊社が得意とする耐震性、耐火性、耐風性に優れ、高気密高断熱で夏は涼しく冬は暖かい2x4(ツーバイフォー)工法、いわゆる木造枠組み工法で建築中です。ツーバイフォーって住宅だけじゃないの?と思われがちですがツーバイフォー工法は北米で多くの木造建築物で採用されており、マイナス20度を超える厳しい寒さの北部地方、30度を超える高温多湿で巨大ハリケーンが襲来する南部地方、40度近くを超える南西部の砂漠地方、カリフォルニア州のような地震が多発に起こる地方、と多種多様な厳しい気候にもの中でも、その耐久性、耐震性、耐風性、耐火性、断熱性、そして気密性に優れており9割以上のシェアがあります。そして、北米のアパートメントは4~5階建なら木造アパートが多いのです。今では木造ツーバイフォーは地上18階(カナダの学生寮)まで高層化が進んでいます。消防署なども耐火性の観点からツーバイフォーが多く採用されています。

こうしたツーバイフォーの強みを活かし、わが社でも木が持つ特有の暖かなヒーリング効果を大規模建築にも活かしてみたく、ギャングネイルトラスと呼ばれる梁材(はりざい)やTJIトラスと呼ばれる梁材を使って鉄骨造のようなスパンをとばして大空間なスペースを作ることが可能になりました。これからも介護施設やアパート、教育施設などにも採用していただけると考えています。

環境保全や建築コストの観点から、大規模な木造建築物が注目されはじめて久しくなりましたが、きちんとした設計や、施工能力、人材不足などの問題も相まって中々普及していないのも現状です。木造は鉄骨造や鉄筋コンクリート造と比較すると植樹などを行うことで再生可能な資源であり、もっと普及していくべきだと考えます。まずは自社の事務所建築で実績を積んでまいります。