黒部

先日、YKKさんの技術の拠点である富山県黒部市を訪れました。

YKKは創業者である吉田忠雄氏がファスナーの製造業としてサンエス商会として創業し、吉田工業株式会社(Yoshida Kogyo Kabushikigaisha)が前身。誰もが一度は見たことあるブランドだ。

黒部市は水が豊かで、大量に水が必要なアルミ建材製造に適した場所であるため、アルミサッシの製造に着手し、業績を伸ばした。

(創業当時の立ち上げメンバーの像が正面玄関先で迎えてくれます)

今では売り上げの過半が工機及び建材となり、YKK APとして窓を作る会社で有名だ。

今回は、サッシ製造工程を見学させていただいたが、最も楽しみにしていたのがYKKが取り組んでいる黒部パッシブタウンの見学。

黒部特有の山から吹き下ろす風や豊富な地下水などを最大限に考慮した、新築から中古をリノベしたパッシブな集合住宅である。集合住宅でありながら、殆どを樹脂サッシを使用し、また風を計算した地下駐車場、日射遮蔽は採光を最大限に考慮した間取りなど非常に参考になった。

また、工場や研究所においてもその環境に対する意識の高さから省エネを十分に考えた職場環境を構築されていた。

様々なアイデアが吸収できたよき訪問でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)