氏橋 敏宏(うじはし としひろ)

お客様とオートリホーム、
お互いが良い結果になるように、はっきりとした回答、誠実な仕事をいたします。

1[所属・役職]エス・バイ・エル事業部(部長)
[名前]氏橋 敏宏 (うじはし としひろ)
[誕生日]1967年8月2日 しし座
[血液型]O型
[出身]徳島県徳島市
[資格・特技]簿記検定、AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)、銀行業務検定法務二級、銀行業務検定税務二級、銀行業務検定財務二級
[趣味・お休みの日の過ごし方]
最近の息抜きはゴルフですね。あとはラグビー。学生時代〜社会人までのめり込んでいたラグビーの仲間とは今でも仲が良くて、今は遊びレベルですが定期的にプレーも楽しんでいます。

 

あなたのお仕事内容をわかりやすく教えてください。

 

私の主な役割は、アパートやマンションの建築。地主様やオーナー様へ土地活用・運用についてご提案をさせていただくことが仕事です。
税、財務、法律、元銀行マンの知識と経験を活かした仕事を中心に行っています。

 

この会社に入った理由(もしくは、この業界を選んだ理由)

 

2元々は銀行で融資全般(法務・税務・財務)を生きた教材で勉強させて頂き、その後、大手住宅メーカーで相続・収益物件(アパート・マンション・福祉施設・戸建賃貸物件)等を提案していました。鳳グループとご縁があってからは、資産運用の知識を活かして仕事をさせていただいています。

 

 

「この仕事をやっていてよかった!」と思ったこと

 

3物が残っていくこと、ですね。
金融商品と違って家は出来上がれば形となって残りますから。お客様に喜んでいただける仕事という点では変わりませんが、そこに形が残るという点は、達成感が増しますね。

 

 

 

今の仕事の大変なところ

 

今となっては、いい経験ができたとも言えるのですが、オートリホームではいろんなセクション(部門)を経験しました。
代理店にリフォーム、今まで携わることがなかった仕事内容に苦労することもありましたね。

 

社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことは何ですか?

 

表紙お客様と50:50(フィフティーフィフティー)の関係で打合せ・商談ができることでしょうか。20年以上の社会経験、1000人以上在籍の上場企業で揉まれてきた経験から、いい仕事をするためには、はっきりとした回答、誠実な仕事をしなければいけないと私は考えています。
お客様との関係は50:50(フィフティーフィフティー)、
それが最終的にお互いいい結果に繋がるんですよ。

 

 

今後、仕事(もしくはプライベート)で実現したい夢は?

 

まずは今自分のいる部門の売上げをしっかりと増やしていきたいですね。
そして、会社としても個人としても、いろいろセクション(部門)を経験したという「幅」を活かした仕事をしていきたいです。
最終的にはオートリホームの独自のブランドとして確立していければ、各セクション(部門)が上手に交わり合って新しいものが生まれたら面白いんじゃないかと思っています。

 

オートリホームの好きなところ

 

全身繰り返しにはなってしまいますが、いろいろなセクション(部門)を経験できたところですね。