三馬 優子(さんま ゆうこ)

お客様に“素敵”と言ってもらえるようなコーディネートの提案、
お引き渡し後に“ありがとう”の言葉をもらえる仕事をしていきます。

a[所属・役職]リファイン営業
[名前(ふりがな)]三馬 優子(さんま ゆうこ)
[誕生日]9月28日 てんびん座
[血液型]B型
[出身]岡山県
[資格・特技]大学で建築デザインを学んだこともあり、内装・外装のコーディネートや間取り等々のご提案を得意としています。資格取得のため只今勉強中です!
[趣味・お休みの日の過ごし方]
趣味はカメラ。デジタル一眼レフを持ち歩いており、被写体はもっぱら愛犬と娘です。
主人のアウトドアスポーツに付き合って、よく高知県まで遊びに行っています。
実は私、学生時代はカヌースラローム競技の選手だったんです。その時に練習した高知県本山町の早明浦ダムのほとりは私の大好きな場所、思い出が沢山あります。

 

あなたのお仕事内容をわかりやすく教えてください。

 

今は、リフォーム部門のコーディネーターとして、お客さまが長年住まれているお家の悩み事を解決するのが私の役割です。リフォームを担当するまでは7年間新築住宅のコーディネートをしていました。
そのような経験も活かして、間取りの変更を伴う大きなリフォームや店舗のリフォームのコーディネートの仕事も担当することもあります。

 

この会社に入った理由(もしくは、この業界を選んだ理由)

 

2_R一番は母親の影響ですね、きっと。
母親は独身の頃、建築設計事務所に勤めており、パースを描いていたんです。家を見るのが好きで、休みの日などはモデルハウスなどよく見に行っていました。そこに私もついて行くうちに、家づくりの仕事にも興味をもって、大学も建築の道へ進みました。
オートリホームとの出会いは、就職活動の時。
説明を聞いてイイな!と思ったのは“南欧風の街並みづくり”をしていたこと。話しを聞いて感動しました。学んだ知識を活かしていきたいという私の願いとも合致し、お世話になることに決めました。

 

 

「この仕事をやっていてよかった!」と思ったこと

 

3_Rお客様とのお打合せを進めていく中で、私の提示するプランを「素敵!」と喜んで採用してくださった時が嬉しい瞬間ですね。
そして、そんな打合せを経ていよいよお引き渡し、お客様がその仕上がりを見る瞬間に味わう独特のワクワク感はなんとも言えません。しっかりとお引き渡しができて、お客様に“ありがとう”というお言葉をいただけた時は最高の気分です。今までの疲れが吹き飛ぶ瞬間ですね。

 

今の仕事の大変なところ

 

お客様と同じ認識の元で打合せを進めていけるようにということは、常に気をつけています。

プロにとっては慣れていることでもお客様は毎回初めてのこと、これは当然だろうと思っていることも、そう思っているのは私だけだったということもあります。

以前はそんな意思疎通ができていないことでお客様にご迷惑をかけてしまったこともありました。そうなるとお互いに悲しい気持ちになりますよね。そうならないためにも、打合せではお客様がきちんと理解して下さってご納得されているかどうか、コミュニケーションをとることが大切だと思っています。
内容の確認はもちろん、時には、お客様を現場にお連れしてご確認していただいたりすることもあります。

 

社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことは何ですか?

 

手書きの内観パース(室内の完成イメージ図)を書くことですね。
お客様にとってよりわかりやすいように、ワクワクしてもらえるように、ご説明する時に「例えば…」と絵(パース)を描かせて頂くこともあります。
わかりやすかった、と言われた時は嬉しいですね。

 

今後、仕事(もしくはプライベート)で実現したい夢は?

 

まずはリフォームの仕事。限られた空間の中でどう変化させるのかというリフォームの面白みをもっと追求していきたいです。
また、店舗のリニューアルや大型施設の改装などの仕事ももっとしてみたいと思っています。古い施設を若返らせると言うか、そう! 自分の部屋の模様替えも楽しいじゃないですか、それを大きな空間で行えるなんてワクワクしますよね。
そうやっていい仕事をして最終的にはオートリホームが地域でも評判の会社になればいいなと思います。自分が働いている会社がみんなに知られていくというのは嬉しいことですから。

 

オートリホームの好きなところ

 

全身_R“アットホームな環境”が好きです。
そんな環境の中で個々の得意分野を活かせるような仕事をしていけたらいいですね。