省エネルギー住宅を建てるとお金がたまりますというお話

オートリホームのブログをご覧の皆様、こん○○は。営業の北條です。

本日は、せっかく住宅を建てるならお金の貯まる家を建てましょう!という記事です。

住宅を建てるうえでイニシャルコストはもちろん気になりますよね?

でも本当に「安い家」とはどんな家なのか、わかりやすくお伝えしたいと思います。

ローコスト住宅は本当にローコストなのか?

住宅を建築するうえで、一番気になるのは、坪単価や建築費だと思います。

沢山あるローコスト住宅会社では坪24万円や798万円!などキャッチ—な金額を打ち出すことで、たくさんの集客をし、たくさんの住宅を建てています。

確かに(イニシャルコストが)安い家は魅力的ですよね。

しかし、ローコスト住宅は本当にローコストなのでしょうか。

見落としがちなランニングコスト

住宅の建築をする場合、2つのコストを意識してほしいと思っています。

  • イニシャルコスト
  • ランニングコスト

イニシャルコストには目が行きがちですが、ランニングコストは住宅を建築する当初は目に見えていません。

そのため、多くの方が見落としがちです。

たとえば、あと30万円お金をかければ、30年間メーカー保証が付くような外壁を選べるのに、イニシャルコストを気にするあまり、その外壁を使わずに住宅を建てたと仮定しましょう。

そうすると、使わなかった場合は外壁メンテナンスの費用が40年でおおむね300万円ほどかかってしまいます。

イニシャルコストを強く意識されると、その意識を住宅会社はくみ取ります。そうすると本当はもっといい外壁やサッシがあるのに、提案されないかもしれません。

住宅を建築する際、知っていて選択しないことと、知らずに建ててしまい後でこんなにいいものがあった!となるのでは、後悔の度合いが違います。

イニシャルコストももちろん大事ですが、ランニングコストも意識した提案を受けていただければと思います。

あ、オートリホームではもちろんイニシャルコストとランニングコストを考慮して一番生涯住居費がかからない住宅をご提案します。

生涯住居費が安く上がる住宅に住みましょう!

生涯住居費とは、一生涯に住居にかける費用全部のことを指します。

住居にかける費用とは、住宅ローンの支払いはもちろん、光熱費やメンテナンス代も含まれます。

ファイナンシャルプランナーの近藤智さんの試算によると、一般的な住宅とランニングコストを考慮した住宅では55年間で420万円余り生涯住居費が違うようです。

同じような住宅を建てたのに、420万円分豊かに暮らせる。

住宅を建てるすべてのお客様が、豊かな暮らしをできるようにオートリホームでは提案させていただきます!

高気密高断熱住宅に欠かせない樹脂窓。では日本の樹脂窓普及率は?

オートリホーム社員ブログをご覧の皆様、北條です。

高気密高断熱住宅を作るうえで、非常に大事な「窓」。

50~70%もの熱が出入りする「窓」に、価格、性能など考慮すると最も適している窓は樹脂窓です。

そんな樹脂窓が、日本、また世界ではどれくらい使われているのか、この記事では解説していきます。

日本の樹脂窓普及率

ではさっそく日本の樹脂窓普及率を見ていきましょう。

まずはこちらの表とグラフをご覧ください。

日本サッシ協会によると、2018年度の樹脂窓普及率は20.4%。

私は2013年ごろから樹脂窓の普及率を追いかけていますが、初めて2割を超えてきたかーという印象です。

ちなみに、その他のサッシの普及率は

アルミサッシ 19.3%

アルミ樹脂複合 60.2%

となっています。

地域別にみてみると、四国は樹脂窓15.4%と普及の足を引っ張っています。

これは家をお建てになられたお客様が悪いわけではなく、建築業界の断熱に対する意識の低さが表れています。

四国は温暖だから樹脂窓までいらんだろぉ。って考えの工務店、ハウスメーカーがまだまだ多いということですね。

世界樹脂窓普及率

では世界では樹脂窓がどれくらい普及しているのか見てみましょう。

樹脂窓の普及率

出典:[日本]平成29年住宅建材使用状況調査、日本サッシ協会(2017)[ドイツ]Interconnection Consulting(2016)
[アメリカ]Home Innovation Research Labs(2013)[中国]樹脂サッシ普及促進委員会(2000)、YKK AP調べ

なんと、寒い地域であるヨーロッパ以外でも樹脂窓が普及していることがわかりますね。

中国でも30%普及していて、普及率は年々伸びています。

日本の窓事情(というより、工務店の窓に対する認識が)、遅れてますね。

日本の普及率は世界より遅れている。

いかがでしたでしょうか?

日本の樹脂窓普及率は年々増加してきたとはいえ、世界と比べるとまだまだ低水準です。

やはり我々住宅を建てる側の、温熱環境に対する認識や断熱に対する意識が変わっていかないと、本当に快適な住宅は普及していかないんだなぁ。。。と感じています。

オートリホームでは、一組でも多くのご家族様に、真夏でも真冬でも本当に快適にかつお安く済んでいただけるような住宅をご提案していきます。

徳島県は実は寒い!?冬の一番寒い日でも快適に住める住宅性能とは?

いつもオートリホーム社員ブログを見てくださって、ありがとうございます。

住宅営業部の北條です。

今回は、徳島の冬、快適に暮らすためにどの程度の性能を持った住宅があればいいのか、簡単にご説明しています。

太平洋側である徳島県は実は寒い!

ところで、皆さんは徳島県って温暖な気候だと思っていませんか?

確かに、東北地方や北海道と比べると間違いなく温暖です。

でも、冬の徳島県の気温って実は結構低いことをご存知でしたか?

まずはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

これは2017年1月の徳島県の天気です。

続いて徳島県よりかなり雪が降り、寒いイメージがある新潟県の同日の天気を見てみましょう。

 

 

 

 

 

注目してほしいのは、最低気温。だいたい1度くらいしか変わらないことがお分かりいただけると思います。

「放射冷却」というワードを聞いたことがあると思います。

徳島県を含め、冬の太平洋側の地域はおおむね晴れていますので、放射冷却現象により、最低気温がぐっと下がります。

そのため、日本海側の地域と比べても、最低気温はあまり変わりません。

じつは徳島県って(最低気温は)寒いことがお分かりいただけたかと思います。

徳島県の冬、快適に暮らすための住宅性能

新潟とそんなに変わらない最低気温まで下がる徳島県で、冬、快適に過ごすための性能とはどのくらいなのでしょうか?

我慢強い人や、家の中でも厚着するタイプの人などさまざまな人がいるとは思いますので、一概にはなかなかいえませんが、冬でもユニクロとかに売っているルームウェア一枚で過ごすためには、Ua値でいうと最低でも0.6、できれば0.4くらいの性能の住宅を建てたいところです。

オートリホームのココチ・イエでは、上記数値をクリアできる性能を持った家を標準仕様で建てることができますので、徳島の冬を快適に暮らしたい方は、お気軽にご相談くださいね!

 

高気密高断熱住宅のために、一番お金をかけるべきなのは「窓」という話

こん○○は!北條です。

高気密高断熱住宅を建てるにあたり、大事なことは、窓、断熱材、気密だと前回の記事でお伝えしました。

前回の記事はこちら

この記事では、大事な3要素のうち、一番大事な「窓」についてまとめていきます。

一番熱が出入りする部分とは?

住宅の外皮(外側の空気に接している部分のことです。)で一番熱が出入りする部分はどこだと思いますか?

外皮の面積でいうと、外壁が一番大きいですよね?次に屋根。

窓が外皮に占める割合が、2割超えることはなかなか無いと思います。

そんな一番割合の少ない「窓」ですが、じつは住宅の熱の出入りはほとんどがこの「窓」からです。

YKKAPホームページ、暮らしを快適にする”断熱窓”より引用

夏涼しくて、冬暖かい住宅を作るためには、断熱材に目が行きがちですが、窓が非常に重要であることがわかります。

住宅に使われる窓の種類

では、一般的に住宅で使われている窓の種類(というか素材?)についてみていきましょう。

一般的な住宅で使われる窓の種類は3つ。

  • アルミサッシ
  • アルミ樹脂複合サッシ
  • 樹脂サッシ

だいたいこの3つの窓で作ることが多いです。ほかには木製サッシなどもありますが、高額であるためあまり使われません。

3つの窓の熱還流率はおおむねこんな感じです。

アルミサッシ:4.65W/m2・K

アルミ樹脂複合サッシ:2.33W/m2・K

樹脂サッシ:1.5W/m2・K

ガラスの種類や封入されているガスによって変わりますが、だいたいどのメーカーの数値もこんな感じです。

熱還流率なので、数値が少ないほど性能が高い。という見方をします。

樹脂サッシが一番性能が高いことがわかりますね。

日本の窓は低性能!?

上記3つの窓の中で今よく使われている窓はアルミサッシとアルミ樹脂複合サッシ。

では日本の住宅でよく使われているこの2つの窓が、世界の住宅と比べるとどんなレベルなのでしょうか。

日本は落ちぶれつつあるとはいえ、まだまだ先進国だといえると思います。

そんな日本の住宅に使われる「窓」ですから、世界の住宅と比較しても高レベルであると思いますよね?

では実際に比べてみましょう。

各国が求める窓の断熱性能を熱貫流率(表中のUw。単にUとする場合もある)で比較。小さいほど断熱性能が高い。ここに載せた値はどれも最低基準であり、これ以下の値にすることが求められている(資料:テクノフォルムバウテックジャパンの資料を一部加工)

日経新聞:低い断熱性なぜ放置、世界に遅れる「窓」後進国ニッポンより引用

上の図は各国が新築の住宅を建てるために、最低限定められた熱還流率(Uw)です。

多くの国では窓の重要性を認識し、健康で快適な住まいを作るための最低限の窓性能を定めています。

では日本はどうでしょうか?

いまだにアルミサッシ+単板ガラス(おおむね熱還流率は6.5W/m2・K)というめちゃくちゃ低レベルな窓でも住宅を作ることができてしまいます。

また、日本の窓のレベルが上がっていかない理由の一つとして、経済産業省が定めた窓の性能を表す等級表示が2.33W/m2・Kが上限であることが挙げられます。

 
表示区分 熱貫流率が
2.33以下のもの
熱貫流率が
2.33を超え3.49以下のもの
熱貫流率が
3.49を超え4.65以下のもの
熱貫流率が
4.65を超えるもの
等級記号
ラベル表示

LIXILホームページより引用

この表示が4つ星が上限であるため、熱還流率が1を切ろうが2.33だろうが同じ性能であると誤解されています。

例えば先ほどの諸外国の基準に照らし合わせると、日本の最高等級をとれるアルミ樹脂複合サッシ(熱還流率2.33W/m2・K)は多くの国で使えないことがわかりますよね。

では、ヨーロッパ以外の国ではどうなのか見てみましょう。

お隣の国、韓国の最低基準は2.7W/m2・K。

いいですか?最低基準ですよ?

韓国の推奨基準(できれば快適な住環境とするためにこの水準の家を建ててね!という基準)では窓の性能は日本の本州と同緯度の地域では1.6W/m2・Kと定められています。

韓国でも、日本の最高等級をとれるアルミ樹脂複合サッシでは推奨基準の住宅を建てることができないことがお分かりいただけたかと思います。

情報ソースは日経新聞の記事ですので、詳しく知りたい方はこちらの記事を参照してください。

高気密高断熱にするためにオートリホームが推奨する窓

オートリホームでは快適な住環境を少ない光熱費で実現するために、樹脂窓を推奨しています。

オートリホームが提案する心地いい家、ココチ・イエのご紹介はこちら

ぜひ高気密高断熱住宅を建てたい、という方はオートリホームにご相談ください。

住宅の温熱環境に詳しいスタッフがご対応させていただきます。

 

徳島で高気密高断熱住宅を建てるならオートリホームにおまかせ!!

オートリホームのブログをご覧の皆様、はじめまして!!

4月よりオートリホームで働くこととなりました、営業部の北條と申します。

徳島県の住宅環境、特に新築住宅の性能向上を目指すためにオートリホームにやってきました!

簡単に自己紹介させていただきます。

住宅業界で働き始めて15年。前職はIT業界で働いていました。

15年の住宅業界歴のうち、5年間は東北地方で家づくりをしていたのですが、西日本に帰ってきて、住宅に対する考え方が低すぎてびっくりしました。

東北や北海道、本州の山間部と比べ、中途半端に温暖な気候のため、我々住宅業界に努めている人間の断熱に対する考え方のレベルが低すぎ。。。

※余談ですが、北海道から徳島に越してきた友人が徳島は寒い寒い言うので、理由を聞いてみると、家の中が寒すぎ!!とのことでした。。。

ということで、西日本、特に徳島の住宅の省エネルギー性能を少しでも高めたいと思い、営業やってます。

この記事では、そんな私が勤めているオートリホームの家づくりについて、ご説明させていただきます。

徳島の断熱性能は低すぎる

新築をこれから建てたい!とお考えの皆様は、できれば耐震性能が高く、夏は涼しく、冬はあったかい家に住みたいと思いますよね?

そんなことを考えながら、住宅展示場やモデルハウスに行き、ハウスメーカーや工務店の営業の説明を聞くと思います。

そこで、

「当社は2020年の省エネ基準を満たした住宅なので、快適です!」

などという説明を聞くことでしょう。

はっきり申し上げます。

2020年省エネ基準(改正省エネ基準ともいいます。)をクリアしたくらいの住宅は全然高気密高断熱住宅になっていません。

2020年省エネ基準に準拠して家を作ったのに寒い、結露するという声をたくさん耳にします。

なぜ、最新の省エネ基準で建てたのに、そんな不満が多いのでしょうか?

理由は簡単で、国が定める2020年省エネ基準の断熱レベルが低すぎるからです。

じゃあ、なんでそんな低レベルな断熱性能が国の基準になってしまったのか!という話はここでは置いておきますが、大事なことは2020年省エネ基準をクリアしただけの家では

「夏涼しくて、冬暖かい」

というご希望を満たすことができないことを覚えておいてください。

※できないと書きましたが、一昔前の住宅と比べると断熱性は高いので、エアコンをガンガン運転すれば快適な温度環境は作れるかもしれません。電気代はすごくかかりますし、コールドドラフトがおこり、足もと寒いですが。。。

では、満足のいくレベルの高気密高断熱住宅とはどのようなものなのか、簡単にご説明いたします。

オートリホームの高気密高断熱住宅「ココチ・イエ」

「夏涼しくて、冬暖かい。そして電気代も少ない住宅」

ではこんな住宅を建てるためにはどのようなことに留意しなければならないのでしょうか?

大事なのは「窓」と「断熱材」と「気密」。

この3つをしっかり考えて住宅を作っていけば、「夏涼しくて、冬暖かい住宅」を建てることができます。

オートリホームの「ココチ・イエ」は大事な3要素を高いレベルで採用しています。

「ココチ・イエ」について詳しくお知りになりたい方はぜひこちらをご覧ください。

もっと詳しく知りたい!という方はぜひ資料請求してくださいね!

徳島で高気密高断熱住宅を建てるならオートリホームへ

徳島の住宅レベルとオートリホームの高気密高断熱住宅に対しての考え方について、この記事ではご説明させていただきました。

ぜひ、オートリホームで検討中の方も、そうじゃない方も

「2020年省エネ基準はそんなに高レベルな断熱性能じゃない」

ということは念頭に置いて、いい家づくりを目指してくださいね!

ということで、これから新築住宅営業部ではオートリホームの家づくりについてどんどん発信していきますので、ぜひぜひ更新を楽しみにお待ちください。

 

片づく家のつくり方

こんにちは、池宮です。

 

先日、当社女性社員数名で近藤典子さんの講演会に参加させていただきました!

近藤典子さん。

約30年にわたりお宅の暮らしの悩みを解決し、その経験から生み出された収納や家事動線、掃除術など近藤流のわかりやすい暮らし方を提案されておられる方です。

TVや雑誌でもご活躍されているので、ご存知の方も多いと思います。

今回の講演では、住まい心地に関わる重要ポイントとして「収納」を大きく挙げられていました。

「空間」を有効活用するために、徹底的に無駄のない収納計画を提唱されており、具体的な提案方法をこれでもかと紹介してくださいました。

すぐにでもお客様に伝えたいことが沢山盛り込まれていました!

どうしたらお客様にきちんと伝わか、という点でも勉強になりました。

講演終了後は、ビュッフェ形式の交流会に参加し、先生と直接お話する機会までいただきました。

凄く明るく面白い方で、楽しく勉強させていただきました♪

 

 

 

最後にリフォーム部の店長近藤さんとの近藤ペアツーショット★(笑)

先生の本にはサインまで!!

収納のことが沢山載っている「片づく家のつくり方」

新築、リフォーム両方の提案に大いに活用させていただこうと思います★

JAGDA徳島

こんにちは、池宮です。

 

先日、文化の森の近代美術館ギャラリーへ。

当社の分譲地やモデルハウス等の広告デザインを長年作成してくださっているKenデザイン事務所の岡本社長が、作品を出展されているということで♪

今回の作品展示は、「JAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)徳島」という15名のグラフィックデザイナーが所属するグループが手掛けたものだそうです。

「平成という時代に、自分たちデザイナーは何を成したのか」その成果が一堂に展示されておりました。

 

 

会場に着くと、真っ先に岡本社長がおられました★

当社のモデルハウスパンフレットの展示もしてくださっていました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

視覚から直接訴える力のある”デザイン”

普段何気なく生活していても、その力の影響って大きいのだなと改めて気づかされましたし、またそんな力を創り出すデザイナーの方々にすごく憧れました♪

 

 

 

 

 

 

面白い営業マン♪

こんにちは、池宮です。

今日は、昨年リフォーム営業から新築営業になった、濱中をご紹介します!

どのような人か、下の動画を見れば一番分かり易いと思います♪

とにかく話し易い人柄なので、何でも相談してくださいね!!

トイレのドアに♪

こんにちは、池宮です!

 

セリアでこんなの見つけました。

ゴールドのアルファベットシールです。

よく見ると、文字がぷっくりしていてかわいいです。

これを家のあれに貼ろうとお買い上げ。

 

 

 

 

このドアは我が家のトイレのドアです。

このドアにさっきのシールをペタリ・・・★

 

 

 

 

 

 

かわいい、文字が盛り上がってるのでいい感じ!

しかし結構小さいです。

 

 

 

 

 

少し引きで見てもこんな感じ。

さりげない。

私以外誰か気付くかなレベル(笑)

でもとってもかわいいからおすすめです!

ドアの色からしてブラックかシルバーのシールにした方がもっと目立ったなとは思います。

100円なので今度ブラックで試してみようかなと思います♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お施主様感謝祭、無事終了!

こんにちは、池宮です!

12月2日(日)に第5回目となったお施主様感謝祭を開催しました。

子供大工に、宝探しゲーム、フォークリフト体験、景品を競う毎年恒例〇×クイズ!

沢山の方にご来場いただき感謝しております、本当にありがとうございました★