コロニアルチェック★

みなさんこんにちは、池宮です!

先日、思い立って急に家族で神戸に行って来ました。

子供がアンパンマンにハマっている時期なので、アンパンマンミュージアムに連れて行こうという話になり♪

そのついでに、以前から興味のあった、「コロニアル・チェック」というお店がミュージアムの近辺にあるので行ってみることに。

リネンのカーテンといえばこのお店★

上質なリネンやコットンの、カーテンや生地がずらっとありました。

リトアニア製のリネンなど、天然素材ならではの美しさにうっとり。

curtain_gallery_top1 R0110309-450x600

なんと言ってもリネンの透け感の綺麗なこと♪

ナチュラル好きにはたまらない空間だと思います。

でも、このお店、カーテン以外にも魅力的なものがありました!

それはまた次回・・・。

ほっこり♪

こんにちは。矢部です。先日、事務所に『お茶プレッソ』なるものがやってきました(*^_^*)なんでもお茶の葉をすりつぶして飲めるのだとか。レシピも付いていて、その中に〈抹茶ラテ〉があったので試してみました!

__ 1まずはお茶の葉を『お茶プレッソ』ですりつぶします。

 

 

 

__ 2

お茶の葉をすりつぶしている間にお鍋で牛乳をあたためます。

 

 

 

__ 3牛乳があたたまったら、お茶プレッソのお茶容器に入れ・・・

 

 

 

__ 7お茶容器にすったお茶の葉も入れて、スイッチオン!

 

 

 

__ 5「ピーピーピー」と音がしたら出来上がり◎

 

 

 

__ 6さっそく社長にも!電話中だったので写真は撮れませんでした。後で「おいしゅうございました」と感想をもらいました。

寒くなってきたので温かい飲み物でほっこりしました(*^ω^*)

 

 

 

 

明るさの指標

みなさんこんにちは!

池宮です。

最近はLED電球の普及がますます進んでいますね。

白熱球はその内、発売終了になるという話もあります。

LEDの魅力はなんと言ってもやはり、”省エネ”ですよね。

でも、最近の照明のカタログをみても明るさを示すところに、「810lm(ルーメン)」と、よく分からない表記になっています。

「100w」とかなら見慣れているんだけど・・・。

そこで、日本電球工業会が公表している明るさを示す表をご紹介。

__ (6)

 

これを見ると一目瞭然。

私も照明のプランの時に参考にしています。

ちなみに、必要な明るさとして、一般的に1帖最低40wで計算する場合が多いです。

当社では、トイレを1帖として60wでプランすることが多いです。

「明るい・暗い」というのは人によっても感じ方はさまざまで難しいところなのですが、使う照明器具によっては電球の明るさは同じでも、印象がまるで違って見えたりします。あかりの色(白っぽい色・オレンジっぽい色)によっても違いますよね。

例えば、天井付けのシーリングライトは床から天井までまんべんなく照らしますが、スポットライトは照らす真下を重点的に照らすため、照らされているところ以外(天井など)は暗い印象になります。それを補う意味で、壁と天井付近を照らすブラケットを設けることで雰囲気のいい空間がうまれたり・・・。

カタログでLED電球の明るさを、「60w相当の明るさ」などと記載されている場合がありますがこの場合は要注意。必ずどこかに「lm(ルーメン)」表記があるので、それと上の表を照らし合わせると間違いないです。参考にしてみてください!

カタログ

こんにちは。矢部です。

現在、当社のカタログ(パンフレット??)を新しく作ろうとしています!

昨日は、デザイン等を受け持っていただいている会社の担当者さんと社長、

池宮さん、私とで あーでもない、こーでもない と言いながら打ち合わせをしました。

 

2014091915370000池宮さん「このカタログを読んでいただいた方にもっと当社のことを知っていただきたいので、この内容はこう・・・」

担当さん「なるほど、なるほど」

 

 

担当さんに前回の打ち合わせ内容を反映したラフ案を持ってきていただいたのですが、

社長をはじめとする私たちが「これじゃない」となって、ほぼふりだしに戻ってしまいました(>_<)

担当さんには大変申し訳なく思いますが、より良いものを作りたくて変更を

お願いしました。

おそらく、完成までにまだまだ時間がかかると思います。

できたらお知らせしますので、お楽しみに♪

 

東京旅行にいってきました

みなさんこにちは!山下です。

 

先日、お休みを利用して東京まで旅行に行ってきました。

東京と言えばやっぱり、スカイツリー!

ホテルはスカイツリーが見えるお部屋でした(^○^)

IMG_1474

 

こういうとき、カメラが欲しくなりますよね。スマートフォンではやっぱり肉眼でみるように綺麗には撮れなかったです(ー_ー)!!

 

 

二日目はスカイツリーの展望台にも登ってみました!

天気もよく、東京ドームや東京タワーなどなど・・・東京が一望できました☆

ガラスの床があり、350m下の様子も見えました!IMG_1517

(スカイツリーの高さは634mあるそうですが、展望台は、350mもしくは450mの高さにあります)

スカイツリーのことしか書いてないですね(笑)

 

二日目は、このあと浅草寺にもいってきました☆

今年何回目かわらない御御籤をひいて、またもや吉でした。

 

そして生まれて初めての、人力車も体験しました!(^^)!

IMG_1506

お兄さんが華奢にみえて心配していたのですが、僕サッカー部キャプテンだったんで任せてください!という宣言の通り軽々と(軽くはなかったと思いますが(笑))運んでくれました☆

向こうに小さく見えるのが雷門です!

 

東京に行かれた際は是非人力車体験してみてください(^_-)☆

 

 

 

バースデーケーキ♪

みなさんこんにちは!

池宮です。

この前、娘の2歳の誕生日でした。

主人の両親が和歌山から来てくれて、一緒にお祝いしました♪

近所に”バナナダンス”という変わった名前のケーキ屋さんがあります。

いつ行っても車が沢山とまっています。

娘の今年のバースデーケーキはこれにしました。

__ (2)

「ケテーちゃん♪」

と、喜んでくれました。

包丁を入れるのをためらう可愛さでした♪

完成前の点検は細かいところまで・・・

こんにちは!

池宮です!

秋めいてきましたね~朝晩冷えるので体調管理はしっかりなさってくださいね♪

当社ではお家が完成して引き渡す前に、必ず点検をします。

__

社長、現場責任者、担当現場監督、設計管理者、担当営業が一緒に家の隅々まで点検します。

それぞれが気づいた箇所を、所定の書類に記載してその場で確認。

すぐに補修や改善作業に着手します。

例えば、玄関扉の閉まる速度が速すぎるたら調整したり、キッチンや洗面台の排水がうまくいくか一定時間水を流してチェックしたり・・・。

実際に使用する立場に立って細かいところまでチェックしていきます。

さまざまな人が点検することでいろんな気付きが共有できるので、それがまた糧になり経験値になってゆくのでしょう。

常に”住まわれる方の立場に立つ”、決して忘れてはならないことです。

 

忘れ物のお知らせ

こんにちは!

先週は三連休ということで見学会を開催致しました!

お越しいただいた皆様ありがとうございます(^o^)♪

 

さて忘れ物のお知らせです。

モデルハウスの屋上に剣の鞘?のようなものが落ちていました><

__

 

 

 

 

 

サンライズヒルの販売事務所でお預かりしておりますので

心当たりがある方はご連絡お願い致します。

 

巨神兵??

こんにちは。矢部です。                                        みなさまは「巨神兵」ってご存知ですか?ジブリ映画に出てくるアレです。最近、ふと池宮さんのほうを見ると居ました、巨神兵(笑)

__iPhoneのカメラとフラッシュがケースから出ているところをご覧ください!                              ・・・・・見えませんか?

 

 

 

2gibrif90[1]比べてみましょう!                        似てませんか?わたしだけでしょうか(^_^;)

なんて言っていると、驚きの事実が!             わたしが巨神兵だと思っていたのは、実は「ロボット兵」だったのです!

 

8ef08df86e87bb0dfc7fff78065f425f[1]巨神兵とは、こちら。ジブリ映画の「風の谷のナウシカ」に出てきます。上の画像はジブリ映画の「天空の城ラピュタ」に出てきます。                                  どちらも巨神兵だと思っていました(>_<)わたしのように、間違えている人が結構いるようです。みなさまは違うって知っていましたか?

クロスプラン中

こんにちは!池宮です。

季節の変わり目で、体調を崩してらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

当社の社員も何人かスッキリしない者がいます。

今日は、羽ノ浦に建築中のモデルハウス2棟の壁紙(クロス)をどんな感じにするかを考えていました。

モダンな家のプランです。

__ (2)

おもいっきりモダンにしてみようということで、他の社員にも意見を求めたり色々調べながらひとまず、気になるクロスのサンプルを業者に依頼します。

モデルハウスなので、魅せれるようにしたい。何度プランしても、小さなクロスのサンプルからでは想像が難しいです。サンプルで見る色(小さい)と、実物(大きい)が違って見えたりもします。基本的に、薄い色は大きな面になるほどさらに薄く見え、濃い色はその逆です。それをいつも念頭におきながらプランしています。どんな仕上がりになるのかいつも楽しみです。