スタッフブログ STAFF BLOG

徳島の工務店でおしゃれな注文住宅をイメージ通り作る方法

オートリホーム社員ブログをご覧の皆様、ごきげんよう!新築営業部の北條です。

実は、私、営業担当でありながら、建築士でもあります。なので、私が担当するお客様の間取りや図面は、私が設計もしてしまいます。

営業と設計、二足の草鞋で仕事をしているのですが、自分で図面を作るようになって感じている大きなメリットがあります。それは・・・

「お客様のイメージ通り、間取りやデザインを設計しやすい」

これにつきます。

どういうことかというと、通常、工務店やハウスメーカーで住宅を計画する場合、お客様の要望を営業が聞き取りし、それを営業が建築士に伝え、間取りやデザインが図面として出来上がってくるという流れになります。

ここで皆様に思い出してほしいのが、伝言ゲーム。

伝言ゲームは参加する人数が多ければ多いほど、最初の言葉を最後まで正確に伝えることが難しいですよね?

住宅も同じで、お客様と建築士の間に立つ、営業の能力(聞く力やご要望を整理する力)によって、出来上がってくるものが全然違ったりします。

また、建築士も営業が聞き取ってきたご要望に沿って、図面を書くのですが、そこにも建築士の思想や思いといったエッセンスが良い意味でも悪い意味でも反映されてしまいます。

その点、私が担当した場合は、営業=設計なので、伝言ゲーム部分はありませんし、私の住宅に対する考え方やエッセンスはこういうものなので、この要望はこんな感じで図面に落とそうと思うのですがいかがですか?と、お客様と共通認識を持ったうえで製図に取り掛かりますので、イメージ通りの図面ができやすいのだと思います。

じゃあ営業=設計じゃないと、思い通りに住宅を建てることができないのか!?というと全然そんなことはなく、イメージ通りやイメージ以上の住宅を建築された方はたくさんいらっしゃいます。

この記事では、おしゃれな注文住宅をイメージ通り作るために便利なツール、方法をご紹介いたします。

徳島の工務店で営業=設計となることは少ない

では、思い通りの注文住宅を計画するためのツールをご紹介する前に、前提として知っておいてほしいことがあります。

それは、私のように、営業担当かつ設計も自分でしちゃう!みたいな営業マンは非常に少ないということです。

設計事務所であれば、営業=設計ということがほとんどですが、工務店やハウスメーカーの営業マンで建築士資格を持っている人物はほぼほぼいないのが現状です。

他県では、採用時に建築士資格を持っていなければ、営業担当として雇用しないことを徹底し、すべての営業マンが建築士有資格者という工務店もありますが、残念ながら徳島にはありません。

なので、どうしても「伝言ゲーム」を上手に行う必要があります。

工務店でおしゃれな注文住宅を造るためのツール

では住宅計画の「伝言ゲーム」を上手に行うためのツールをいくつがご紹介します。

今回ご紹介するツールを使うだけでも、かなり精度の高い「伝言ゲーム」を行うことができるようになります。

instagram、Pinterest、houzzなどのSNS

instagramについては今更ご説明することもないくらい、メジャーなツールですが、住宅のイメージ共有にはかなり使えます。

Pinterestはインターネット上にある様々な画像を自分のクリップに保存でき、さらに他人と共有することもできます。普段からかっこいい!やカワイイ!とおもったインテリアや外観、間取りなどをクリップしておくと、打合せ時に担当営業に自分がどういった感じの住宅が好きなのか、傾向がわかります。

houzzはPinterestの建築特化版みたいな感じなので、インスタやピンタレストで見つけられなかったような、具体的なアイデアや優れたデザインを検索するときに向いています。このツールも他人と共有することができます。

これらのツールで営業担当と画像でイメージを共有することは、言葉だけで伝えるより何倍も具体的、正確に相手に自分の考えを伝えることができます。

例えば、ブルックリンスタイルのインテリアを希望していたとしても、言葉だけで伝えるのと、写真を見せるのでは相手の理解度がかなり変わるので、打合せの際には営業もお客様もスマートフォンがあるとかなり捗ります。

また、今回ご紹介したツールはインテリアや外観デザインだけではなく、間取りの参考にすることもできます。

例えばPinterstで「30坪 3LDK 南向き」などと検索すると、たくさんの間取りを見つけることができますので、その中から、便利そうな動線やレイアウトの間取りをいくつか保存しておくと、間取り設計に反映してくれやすくなります。

3DCad(ウォークインホームやアーキトレンド等)

次にご紹介するツールは3D CAD。

担当営業に伝えたイメージが、本当にイメージ通りの図面となって提案されているのか、3Dで確認することができます。

最近の3DCADは、かなりリアルにインテリアや外観の作りこみができますので、住宅建築によくある

「建ててみたらイメージと違った・・・」

という悲しい思いをすることがなくなります。

実例として見能林モデルを見てみましょう。

外観CG

外観完成写真

インテリアCG

完成写真

外観はかなりリアルに再現されていますが、インテリアは予算の都合で再コーディネートしたので若干変わっています笑

モデルハウスなので再コーディネートしましたが、お客様のおうちは、外観と同じ精度で作りこみますので、CGで打合せしたとおりに施工されます。

徳島の工務店でおしゃれな注文住宅を造るには

ざっとした説明となってしまいましたが、営業=設計ではない限り、先ほど紹介したツールでのイメージ共有は、徳島の工務店でおしゃれな注文住宅をイメージ通り作るためには必須です。

営業=設計の場合でも、相手がSNSなどのWebツールに詳しくないこともありますので、お客様の側から積極的に情報を伝えてあげてください。

あ、もちろん、私が担当の場合は、SNSや3DCADでイメージを共有しつつ、おしゃれで暮らしやすい住宅をご提案しますので、ご安心をw

イベント情報 EVENT

イベント情報をもっと見る
資料請求 お問い合わせ
タイトルとURLをコピーしました